株について勉強していると、わからないこと […]

確実に得られるインカムゲインの把握も大切

株について勉強していると、わからないことがけっこう出てきますよね。

また、よく聞く言葉も実はきちんと意味を把握できていないということもあります。

株は知識があって損をすることはありません。

むしろ、知識がなければ損をします。

今更人に聞けないと思うことであっても、きちんと意味を調べることが大切。

気になるワードを一つ一つチェックしていきましょう!

意味を混同しやすいのが「キャピタルゲイン」と「インカムゲイン」。

あなたはきちんと説明できますか?

キャピタルゲインとは、株を売ったときに得られる利益のこと。

初心者にとっては一番気になる利益ではないでしょうか。

まずは、こちらでシュミレーションしてみましょう。(
トレダビ – K-Zone

株というのは意外に仕組みは単純で、安く購入して高く売却すればその分利益が出ます。

キャピタルゲインとはこのことですね。

逆に売却した際の株価が下がっていて、損をした分をキャピタルロスと言います。

キャピタルゲインを得るには、日々の経済状況を適切に把握しておくことが必要です。

また、インカムゲインとは、株を持っていることで得られる企業からの配当金のこと。

初心者はどうしてもインカムゲインよりもキャピタルゲインに目がいきがちですが、

確実に得ることができるインカムゲインもしっかりとチェックしておく必要があります。

インカムゲインは、通常年に二回得ることができ、

一株当たりの配当金の高さと持っている株数で決まります。

単純に考えて、株を持っている数が多ければ多いほどインカムゲインによって得られる金額は高くなります。